F1 和牛






 
 
代表:
宮下 義史
所在地:
〒370-0418 群馬県太田市武蔵島町163
TEL:
0276-52-3955
飼育頭数:
肉牛1000頭(黒毛和種:900頭、F1:100頭)
生産者コメント

有限会社宮下畜産総合サービスでは、肉牛の買付、肥育、流通業務を行っております。良い肉質の肉牛を肥育するために、21世紀肉牛研究会での研鑽活動に力を入れ、群馬県特産ブランド「五穀牛」を肥育しております。週に一度集まって情報交換を行い、定期的にいろんな牧場を見て、技術の向上に努めています。農場管理獣医師協会の安心認証事業に加入し、自信を持って美味しい牛肉を出荷しております。


有限会社宮下畜産総合サービスについて

丹精込めて育てた牛を食べた方の喜ぶ顔が見たいと思い、五穀牛の肥育に努めております。和牛を中心に、1000頭の肉牛を肥育。風通りの良い環境で、特選五穀和牛を中心に生産しています。また、流通にも携わり九州〜北海道まで年間12,000頭以上の牛を全国で売買しています。

このページの先頭へ

有限会社 宮下畜産総合サービスの牛の美味しさの秘密

1.良い肉質は徹底的な健康管理から

私たちは、健康管理こそが一番良い肉牛の生産へ直結すると考えております。毎月牛の健康検査のために血液分析を行い、データを基に健康状態を把握したうえで、牛1頭1頭を健康に導くための健康管理や飼料管理をしています。また、極力抗生物質を使用せずに、炭などの自然のものの力を利用して、健康状態を整え丈夫な肉牛を肥育するよう心がけております。

2.こだわりの水、杉のチップ、炭

水は活水機を利用して、ろ過した活水を与えています。人間がおいしい水を飲みたいように牛も美味しい水は喜んで飲みます。また、飼料の一部としてウットンファイバー(国産杉を原料とし牛の嗜好に合わせ加工した木質系粗飼料)を与えています。牛のお腹の調子を整えるために、炭(スーパーネッカリッチ)を与え自然の力を利用して牛の健康管理を行っています。

3.循環型肥育農家として取り組んでおります。

肉牛を丹精込めて肥育し、良い堆肥を作り野菜農家へ販売し、極力地元農家の方の稲わらを仕入れる循環型の肥育を進めております。目標は地元群馬県の牛と野菜をアピールしていくこと、環境に配慮した肥育を進めています。

4.トレーサビリティ

国内すべての牛と国産牛肉には、10桁の個体識別番号が印字された耳標かラベルが着いています。この番号で、牛の出生から出荷され牛肉になるまでの経歴が記録されたデータベースにアクセスすれば、生産流通履歴情報が把握できます。つまり出生から食卓、逆に食卓から出生まで、追跡・遡及が可能になっています。これを牛肉の「トレーサビリティ」といいます。私の生産する五穀牛は、農場管理獣医師協会の認証事業に加入していますので、間違いなく安心できる牛肉として食卓にお届けできます。

    このページの先頭へ
Copyright (C) 牧場の名前 All Rights Reserved.
農場管理獣医師協会 ホームページSVRホームページ