(有)上里ファーム F1 和牛




 
 
代表:
植井 敏夫(21世紀肉牛研究会 会長)
所在地:

〒369-0306埼玉県児玉郡上里町大字七本木614-3

TEL
0495-33-1324
飼育頭数
肉牛 600頭(黒毛和種:200頭、F1:400頭)
生産者コメント

上里ファームは健康面で、予防に重点を置いた衛生管理をし、よりよい環境で健康な牛肉作りに心掛けています。餌には酸性体質を改善する森林酢を与え、脂肪の融点を低くして、口どけの良い、甘みのある美味しい肉質に仕上げています。

頭数が多いですが、農場管理獣医師協会の安心認証事業に加入し、一頭一頭記録を残し獣医師の認証を受けることで、自信を持って美味しい牛肉を出荷することができます。

上里ファームについて

上里ファームの独自ブランド「上里和牛」と、埼玉県産のブランド牛「彩さい牛」を生産しております。また、埼玉・群馬県内の優秀な肉牛を産出している肥育生産者のみが会員となる「21世紀肉牛研究会」の会長として、日々お客様に喜んで頂けるよう、美味しい牛肉を追求しています。また、平成18年3月より優れた衛生管理を実施し、安全・安心な畜産物を生産している農場を認証する埼玉県優良生産管理農場として認証されました。

このページの先頭へ

上里ファームの牛肉の美味しさの秘密

1.飼料穀物

彩さい牛の肥育管理の中で最も重要なのは飼料と考えています。一般的に流通されている飼料、牧草、藁(わら)の中の危険性があるものを一切使用しないで麦、とうもろこし、大豆、米ぬか、糖蜜、ビールかすを中心にした穀物飼料と、粗飼料は県内産の藁を与えています。

2.炭

国産常緑広葉樹皮で作る炭と、製造時に出る木酢液とを混合した飼料用の炭を使用しています。樹皮は木材の製造時に出るもので無駄な森林伐採など必要がない環境的にも良い物です。この炭には天然有機成分やミネラル、ゲルマニウムなどが豊富に含まれていて、牛の成長を促進し、病気への抵抗を高める栄養素を補っています。コレステロールが低く、甘みがあり、美味しい肉質になります。

3.健康管理

朝の給餌の際1頭1頭牛の顔を見る、餌の食べ具合で牛の体調を把握し、お腹の調子を整えるよう従業員一同努力しております。

4.トレーサビリティ

国内すべての牛と国産牛肉には、10桁の個体識別番号が印字された耳標かラベルが着いています。この番号で、牛の出生から出荷され牛肉になるまでの経歴が記録されたデータベースにアクセスすれば、生産流通履歴情報が把握できます。つまり出生から食卓、逆に食卓から出生まで、追跡・遡及が可能になっています。これを牛肉の「トレーサビリティ」といいます。私の生産する上里和牛・彩さい牛は、農場管理獣医師協会の認証事業に加入していますので、間違いなく安心できる牛肉として食卓に届くのです。

    このページの先頭へ
Copyright (C) (有)上里ファーム All Rights Reserved.
農場管理獣医師協会 ホームページSVRホームページ