F1 和牛






 
 
代表:
小倉 基
所在地:
群馬県みどり市大間町塩沢62
TEL:
0277‐73‐2053
飼育頭数:
肉牛 280頭(黒毛和種:50頭、F1:230頭)
生産者コメント

夏はホタルが飛ぶ自然豊かな土地で、昭和44年から親子2代、従業員1名で牛の肥育をおこなっています。牛の健康管理に気を配り、健康にストレスが少ない環境でのびのびと肥育しています。また、肥育と併せて堆肥づくりを行い地域循環型の牧場を目指しています。21世紀肉牛研究会会員として群馬県産国産牛ブランド「五穀牛」を生産しています。FMVAの第3者認証に加入し、安心・安全な牛肉を生産しております。


五穀牛とは

畜産が盛んな群馬県、その中でも上質な牛を産出する農家を集めて指定農家とし、出荷される中で特に上質な肉質を持った牛として育てられているのが五穀牛です。「五穀」(米、麦、粟、きび、豆)を基本とした自然飼料を与えています。さらに五穀牛の飼料には特別な炭の粉(スーパーネッカリッチ)を配合しております。

このページの先頭へ

岩久保牧場の牛肉の美味しさの秘密

1.飼料

自然飼料(五穀)配合した飼料を朝晩2回給餌しています。人間の体にも良い自然飼料を与えることで健康で、良質の牛になります。また、スーパネッカリッチ(炭)を使用し牛のお腹の調子を整え、牛の健康・衛生面・などの肥育状態の向上を図っています。また、炭を与えることで、脂身が さらりとした美味しい肉質になります。

2.地域循環型の牧場

良質な木材の端材を、自社でおがくずに加工し小屋。おがくずは小まめに敷きかえています。風が良く通る小高い場所に立つ牧場で、健康な牛を肥育と堆肥の生産を併せておこなうことで地域循環型の牧場を目指しています。また、堆肥は岩久保牧場の完熟堆肥という名称で園芸店や近くの農家等に販売、ご好評いただいています。

3.買付から肥育まで

子牛は自らの目で見て、健康状態・体つきを確認し直接買付けします。風通しが良い自然豊かな環境で、おがくずを小まめに敷きかえたり、衛生管理に気を配りながら8カ月〜29カ月までじっくりと肥育します。また後期の牛は個室の小屋へ移しよりストレスの少ない環境で肥育しています。

4.トレーサビリティ

国内すべての牛と国産牛肉には、10桁の個体識別番号が印字された耳標かラベルが着いています。この番号で、牛の出生から出荷され牛肉になるまでの経歴が記録されたデータベースにアクセスすれば、生産流通履歴情報が把握できます。つまり出生から食卓、逆に食卓から出生まで、追跡・遡及が可能になっています。これを牛肉のトレーサビリティといいます。岩久保畜産で育てた肉牛は、農場管理獣医師協会による第3者認証事業に加入しており、自信を持って美味しく召し上がって頂くことができます。

    このページの先頭へ
Copyright (C) 岩久保牧場 All Rights Reserved.
農場管理獣医師協会 ホームページSVRホームページ