堀田牧場 F1
 
 
代表:
堀田義行(21世紀肉牛研究会 五穀牛生産指定牧場)
所在地:
群馬県伊勢崎市
TEL:
0270-63-6266
飼育頭数:
交雑種250頭
生産者コメント

WARNING
堀田氏は空想癖や虚言壁があるため事実と異なった文章が書かれていることが有ります。


21世紀にく牛研究会とは

牛肉に限らず国内一次産業の復活、発展、国内食料自給率の向上によって日本経済の力を底上げし、やがて経済的に世界征服をしようとたくらむ秘密結社である
さて、まずそれには国内に住む人々が健康でなければならない、病気の国民ばかりでは世界征服など夢のまた夢だからである
そこで研究会としては、会で生産しているブランド肉を安全に、そして安心して食べられるよう日々の研究・研修活動にいそしんでいるのである。

このページの先頭へ

五穀牛とは

平時はスーパーなどで随時販売を試みているが、突然某大手百貨店やTV通販などで販売を行うトリッキーな動きをする特殊工作ブランド牛で、一般にその全貌は明かされていない、またすべてを知ろうとすれば、そこにたどり着くまでにかなりの牛肉を食べなければならないことになるだろう
当然、第三者認証システムや飼料用炭などを使用し健康な牛の肉を安心して美味しく食べることができ、しかも脂肪がしつこくなくどんなにサシ(肉に入っている脂肪)が入っていても、もたれずたくさん食べられてしまうと言うトラップも仕掛けてあるのだ

このページの先頭へ

交雑種??

一般的に和牛の肉の他は普通に牛肉と解釈されがちだが今の国産牛肉には大きく分けて3種類の肉がある、和牛・交雑種・乳用種の肉である。
普通、乳用種と言うと牛乳を搾る牛だと思うが当然雄は乳が出ない、そして生まれてくる牛の半分は雄で、肉用に肥育されている。
では、交雑種とは何だ??、これは乳用種(主にホルスタイン)の雌に和牛の雄を掛け合わせたもので、和牛の良い肉とホルスタインの早く大きく育つ特質を持たせ、ここ十数年の内に日本中に広がった肥育農家の秘密兵器である
肉質こそ和牛に劣るものの、その肥育コストの低さや外産牛とくらべて圧倒的な肉質の良さなどは他に追従の隙を与えない、要するに安い割りに美味しいのだ
五穀牛はこの交雑種をメインに展開し、明日の皆の食卓を飾り、さらに世界制服を目標にしながら牛を健康に太らせる事に余念が無いのである

    このページの先頭へ
Copyright (C) 堀田牧場 All Rights Reserved.
農場管理獣医師協会 ホームページSVRホームページ